2年契約は自動更新されるので、解約のタイミングを理解した上でキャリアの移行を考えましょう。

MENU

2年契約が多い理由

スマートフォンや携帯電話などの契約を他のキャリアへ移行しようとした場合、必ず出てくるのが「2年契約」という縛りです。

 

この2年契約をきちんと理解していないと、スマホや携帯電話のキャリアを移行しようとしたときに「契約違反金」を支払う事になってしまいます。

 

そもそもなぜスマホや携帯電話の契約のときに「2年契約」が発生するのでしょう。

 

各大手のキャリアが顧客を手放さないようにするため

携帯電話やスマートフォンを契約するときに、「2年契約」を結ぶ事により、利用料金や端末料金を割り引き、通常状態よりもお得に安く使用できる、という内容になっています。
各大手キャリアが2年契約という制度を利用し始めたのには、すでに契約している顧客を手放さないようにする為が大きな理由となっています。

 

現在ではほとんどの人がスマートフォンや携帯電話を利用しており、新規のユーザーを獲得しにくい状態になっています。
また、今では「MNP」という制度により、携帯のキャリアを移行しても使用している番号を変更する必要がなくなりました。
そのため、スマートフォンや携帯電話のユーザーは、自分にとってよりよい条件のキャリアに簡単に移行しようとします。そういったユーザーを流出させないように、2年契約を設け、その間はユーザーが解約しにくい状態にしたのです。
2年契約を結んでいるのに、途中で解約する場合には違約金の支払いが発生します。
また、2年契約は自動で更新されてしまうので、他社乗り換えをお考えの方はいつが解約のタイミングなのかをきちんと理解したうえでキャリアの移行を考える必要があります。

 

2年契約をなくそうとする動きも

2年契約の解約のタイミングがわかりずらく、またそのタイミングは1ヶ月しかない為、消費者庁へクレームが毎年何千件と寄せられています。
そのため総務省は各キャリアに2年縛りの見直しを命じました。
しかし、対策が思うように進んでいないのも事実です。