iPhone、android、ガラケーをの人気の秘密や使い方を比較してみました!

MENU

今やほとんどの男女が持っているスマホ、中には小学生や高年齢のユーザーも多くいるほどです。
そんなスマホについて、データを元に、ここで具体的に考えてみます。
実際の普及率はどれくらいなのか、また、よく耳にするiphoneとandroidとは何なのか、スマホにおける詳細を説明していきます。

 

スマホとは

正式名称はスマートフォンであり、タッチパッドの操作を可能にした、PCのスペックに近い、次世代携帯電話です。
特にネット関連の機能が充実しており、PC同様の使い勝手を実現しています。
YouTubeなど、今までPCでのみ閲覧できたサイトも、スマホを使うことで利用できるようになっています。

 

こうなるとPCと比較されることが多くなってきますが、容量やスペック的にはまだまだPCの方が上です。
しかし、単に数字だけで比較すると、スマホの出荷台数はPCの出荷台数を上回っており、ネットを利用するユーザーの多くが、PCだけでなく、スマホを使って利用しているのが現状です。

 

スマホにするメリットとは?
スマホにするデメリットとは?

 

iphoneとandroid

 

iphoneとandroid

 

携帯電話の販売店にいくと、iphoneandroidの説明を受けると思います。
一体スマホとはどちらなのか、その答えはiphoneもandroidもスマホです。
上記で説明したように、スマホの概念は“タッチパッド操作を実現した、PCのスペックに近い、次世代携帯電話”のため、iphoneもandroidもその基準を満たしています。

 

ではこれらの違いですが、これはOS、いわゆる核の違いです。
ios、androidというそれぞれのOSが搭載されており、同じスマホでも、二つは全くの別物なのです。
これはゲーム機で例えると分かりやすくなります。
例えばWiiUとプレステ4、これらはどちらもゲーム機ですが、それぞれ対応のゲームは異なります。

 

WiiUのゲームはWiiUでしかできないですし、プレステ4のゲームはプレステ4でしか遊べません。
つまり、同じゲーム機でも遊べるソフトは全く違っており、この常識を当てはめると分かりやすくなります。
androidでしか使えないアプリや機能、iphoneでしか使えないアプリや機能がそれぞれ存在し、ユーザーはどの機能を使いたいかを考え、それに該当したスマホを選ぶのが基本になります。

 

スマホの普及率

ここで平成26年版の、スマホにまつわる総務省のデータを紹介します。
日本国内においてスマホの所持率は、全年代を対象に6割という数字を誇っており、10代から30代の、ユーザーの中心になっています。

 

年代を限定すれば、10代のスマホ利用率がおよそ7割、20代のスマホ利用率がおよそ9割、30代のスマホ利用率がおよそ8割になっています。
ちなみに50代になるとおよそ5割、60代になるとおよそ2割の利用率になっています。

 

また、スマホとはテーマがそれますが、同じく最近注目されているのがタブレットです。
このタブレットの普及率は全年代で2割ほどとなっており、前年比から数字はアップしているものの、伸びそのものに関しては、スマホほどの勢いはありません。

 

スマホ普及の要因

 

様々なアプリ

 

最も普及の要因となったのはアプリです。
数千万規模のダウンロード数を誇るゲームアプリや、コミュニティ機能を充実させたチャットアプリ、これらが中心となってユーザーを牽引し、シェアを格段に増加させたと考えられます。

 

ゲームアプリに関しては、家庭用ゲーム機を凌ぐほどの市場に成長していますし、チャットアプリに関しては、メールの代わりとなるほど便利な機能を搭載しています。
パズドラ、LINE、これら二つのアプリを武器に、スマホは急速な普及を実現したのです。

 

このように、スマホは急速に普及しましたが、機能が高い分、複雑で疑問点を抱くユーザーも多いですね。
このサイトでは、そういった疑問を解決するため、キャリアごとの比較やスマホが抱える問題点など、スマホをテーマにした様々な情報を説明していきます。

 

 

Androidユーザーにおすすめ

日本ではApple社のiPhoneの方が人気が高いですが、世界的にみればAndroidの方が普及率は高いです。また両者ともに特色が違いますので、どちらを使っているのかによって世代・性格・傾向などが別れます。
もしもあなたがAndroidユーザーだったとしたら、【新しい出会い】に興味があるのではないでしょうか?
そう決め付けるのは大雑把すぎますが、実際にAndroidで利用できる出会い系のアプリは非常に賑わっているのです。
数多くの種類がありますので色々探してみるのもいいでしょう。