格安スマホの通信量の上限を3GB、5GB...などと上げていくと、基本料金も上がっていきます。

MENU

格安スマホは本当にお得?

今では格安スマホがたくさん販売されています。
今まで使用してきた大手のキャリアから格安スマホに乗り換えようかな、と考える人も多いのではないのでしょうか?

 

しかし、格安スマホとは本当にお得なものなのでしょうか?

 

格安スマホの通信量は上限がある事が基本

格安スマホの基本使用量の最低金額は「1GB」のものです。
1GBと聞いてもどのくらいのものか良くわかりませんよね?
1GBとは、普段スマホでテキストのみのメールの送付をやるくらいであればさほど問題はありません。

 

しかし、動画やネット検索やゲームなどネットを多く使う方であれば、あっという間に上限に達してしまいます。

 

ちなみにこの上限を超えたとしてもネットなどの通信を使用することは可能です。
しかし、通信速度はびっくりするくらいおそくなります
また、室内でWi-fiでの通信がほとんどの方であればさほど問題がないかも知れません。
通信量の上限を3GB、5GB・・・などと上げていくとそれにあわせて基本料金も上がっていきます。

 

家族のスマホと家のネット環境

家族の画像

格安スマホを販売している会社では「家族割り」というサービスが充実しているところはほとんどありません。
大手キャリアでは家族割りサービスが充実しているところが多く、割引価格が大きかったり、パケットが分け合えたりします。
大手キャリアでは通信量の使用の上限が無いプランもありますが、上限が設けられているプランもあります。
家族全員で同じキャリアのスマホを利用するなら、大手キャリアの方が安く済む場合もあります。

 

また、大手キャリアでは家のネットのためのプロバイダである「光」を扱っているところも多く、スマホと同じキャリアにすれば「シェアパックプラン」で割引を受けられる事が多く、プランによっては格安スマホより安くスマホを使用する事が出来る可能性もあります。

 

自分に合うスマホの選び方