最新、お得の言葉が最もふさわしく、インターネットを開発した企業の力を発揮しています。

MENU

softbankの料金プランの特徴

 

ソフトバンクのロゴ

 

新サービスをいち早く提供

携帯電話業界では、どこかのキャリアが新しいプランを発表すると、それを追いかけるように他社が似たようなプランを発表します。
競争社会においてこれは当然のことであり、携帯電話業界においてもそれは同様です。

 

ちなみに、こうした新プランやサービスをいち早く提供するのがソフトバンクです。
つまり、ソフトバンクを利用することで、常に新しくてお得なプランを実感することができます。
通話し放題、二年契約など、今では常識になりつつあるこれらの制度を真っ先に導入したのもソフトバンクです。

 

他社より安いのは確実

ソフトバンク誕生時、社長が以下のようなコメントを発しました。
“他社が新たな割引制度を発表した場合、24時間以内に対抗する”というものです。
つまり、ドコモやauが何らかのプランを打ち出したとして、仮にそれが携帯電話業界に革命を起こすようなものだったとしても、ソフトバンクも同様のサービスが展開されることが約束されているのです。

 

実際に以前もオレンジプランなど、自社に加え、他社の料金プランをそのまま用意することもありました。
こうしたスタイルから言えることは、他社より高くなることはあり得ないということです。
他社がいくら安いプランを打ち出しても、ソフトバンクはそれと同等、もしくはそれ以上のプランで対抗するということが約束されているのです。

 

賛否両論のあるキャリア

次々と新しいプランを打ち出す一方、旧プランを好むユーザーにはそれが受け入れられないこともあり、結果的に賛否両論を招くケースが多々あります。
特に、数年に一回しか機種変更しないユーザーにとっては、いつの間にかサービスが一新されていることも多く、分かりにくいという声もあります。

 

特に最近はネット関連に力を入れたプランを打ち出しており、それに敏感なユーザーはいち早く反応してくれるものの、興味のないユーザーによっては複雑性が増すだけの結果になっています。
とは言え、ボーダフォン時代に比べると純増数はケタ違いになっているため、しっかりと結果は出しています。

 

最新、お得、これらの言葉が最もふさわしいのはソフトバンクです。
インターネットを開発した企業の力は、携帯電話業界においてもその力を発揮しています。
今後何か革命的なプランが打ち出されるとしたら、それを打ち出すのはおそらくソフトバンクでしょう。

 

 

ライバルのDocomo情報はこちら